【観光ビザ/商用ビザ】申請に必要な書類(アメリカ大使館ビザサイトより)

  • 当センターではアメリカ観光ビザ、商用ビザの申請書類について最新の情報を得るようにしていますが、手続き方法や必要書類は突然に変更されることがあることをご了承下さい。

    【アメリカ観光ビザ/商用ビザ】申請者に該当する必要書類(面接時に本人持参)

    ■ご注意!■ アメリカ大使館への提出書類はすべて英文でご用意下さい。
    もし、英文以外の書類を提出する場合は翻訳を添付します。
    必要書類は個人の背景や状況により異なるため、ここに掲載されているもの以外の書類が必要になる場合があります。

    1.パスポート: 現在有効なパスポートおよび過去10年間に発行された古いパスポート。※古いパスポートを紛失した場合は、現在有効なパスポートだけでかまいません。(ご自分でご用意下さい。)

    2.完全なオンライン入力式ビザ申請書DS-160確認ページ: 申請者の氏名、国籍、パスポート番号、写真などの身分事項の情報が記載された確認ページ。(当社で作成)
    アメリカ観光ビザ、アメリカ商用ビザのDS-160確認ページ

    3.カラー写真(1枚):
    ・サイズは5cm x 5cm。頭部(頭上から顎の下まで)は25mm〜35mm
    背景は無地で白、顔や背景に影がないもの
    ・最近6ヶ月以内に撮影されたもの
    眼鏡(メガネ)を着用した写真は不可
    ・カメラに向かって真正面を向いていること
    ・笑わない自然な表情(口を閉じる)
    ・目を開き、両目が写っている(髪の毛で目が隠れないように)
    (写真はご自分でご用意下さい。)

    アメリカ観光ビザ、アメリカ商用ビザに必要は証明写真(カラー、5cm x 5cm。背景は白を1枚ご用意下さい。


    4.裁判記録または警察証明: これまでに逮捕歴や犯罪歴のある方は判決謄本/罰条およびその内容、または拘禁記録のコピー(恩赦や大赦等の措置がとられた場合も含む)とその英訳を提出してください。日本で逮捕され裁判に至らなかった場合は、事情を説明した英文の手紙を提出してください。注:逮捕暦や犯罪歴がない方は提出の必要はありません。

    5.面接予約確認書: 面接予約確認書は申請者それぞれに必要です。注:面接予約確認書に記載されている時間は大使館の入館手続きが開始できる時間です。実際の面接開始時間ではありません。(当社でビザ面接予約と確認書取得)

    6.クリアファイル: 全ての書類を順番通りにクリアファイルに入れてください。日本国籍以外の申請者の外国人登録証(コピー)も必要に応じてこのファイルに入れてください。(当社で用意)

    7.学生の方: 在学証明書(英文)と最新の成績証明書(英文)※ご自分で学校へ依頼して下さい)

    8.就労者(現在働いている方): 在職証明書、休職証明書(観光の場合)、直近3カ月の給与明細書:日本語で発行された場合は、当社で英訳いたします。

    9.米国の学会に出席する日本国籍以外の方、あるいは、科学(化学)技術関連プログラムに出席する方は、完全な履歴書、すべ ての出版物のリスト(該当者)、会議主催者からの招待状も提出してください。:

    10.旅行日程表(スケジュール表):観光または出張の日程表(スケジュール表)を提出してください。

    11.招待状:米国に滞在(居住)している方の招待で渡米する場合は、招待者の情報、渡米目的、旅行日程を提出してください。なお、観光の場合は招待状を提出する必要はありません。

    12.財政証明(英文、ドル表示): 米国で働くことなしに、米国滞在に要する費用をまかなうための十分な資金がある証明となるもの(例:残高証明書及び預金の出し入れが記載された銀行通帳など)を提出してください。。
    ※通常、残高証明書(英文、ドル表示)の提出だけでOKです。残高証明書(英文、ドル表示)は銀行又は郵便局に依頼して下さい。''
    ※残高証明書の名義人がビザ申請者本人でなくご家族:(父、母、配偶者、祖父母などの場合)は本人との続柄を証明するために戸籍謄本の原本と英訳:(当社で英訳します)が必要です

    日本国籍以外の方は下記の書類も必要です。

    13.外国人登録証または在留カードの両面のコピー

    14.婚姻の証明: (該当者のみ)戸籍抄本、婚姻・離婚証明書等

    ※ビザ申請者の経歴、状況によっては上記以外に補足書類が必要になる場合があります。

【面接予約状況を見る】